旅好き★双子のママ

全然シンクロしていない双子の胎内記憶

一卵性の双子が3歳の頃、胎内記憶について聞いてみました。

双子に胎内記憶を聞く時の注意点

胎内記憶は、ゆっくりリラックスしている時に一度だけ聞きましょう、という記事をよく見かけます。
四六時中騒いでいる我が家の双子にリラックスなんて存在しないのでその辺りは諦めましたが、「一度だけ」っていうのは見逃すわけにはいきません。
言葉がやっと発達してきた3歳の時に、満を持して双子に尋ねました。

ここで重要なのが、まずは「2人別々に聞く」ことです!
同時に聞きたいことがある時はその後に。

同時に聞いてしまうと、お互いの発言を真似して、その場で適当に話が作られてしまう可能性があるからです。
そうなってしまうと、唯一「一度だけ」のチャンスを逃してしまいますのでご注意ください。


双子A子の胎内記憶

ママのお腹の中ってどんな感じだったの?

シャンプーみたいな良い匂いがしてた

胎内記憶ってどこまでが本当でどこからがデタラメか分かりませんが、匂いを聞いた訳でもないのに匂いの話をする、しかも普段会話に登場する機会があまりないシャンプー。
これは信憑性がありそう!

しかもA子は普段から特別な話をするときは照れ臭そうに喋るのですが、今回もそのような顔で教えてくれたので、期待できそう!

実は妊娠中、「シャンプーは頭皮から吸収されて子宮に届くから、添加物だらけのシャンプーは要注意」という記事をどなたかのブログで拝見して、まさかとは思いつつも一応無添加シャンプーを使うように気をつけていました。

それが100%植物由来成分だけでできているシャンプーで、本当にいい匂いのシャンプーなんです。
生まれてからもずっとそれを気に入って使っているので、A子が認識しているシャンプーと、妊娠中使っていたシャンプーは一致しています。

毎晩私が頭を洗う度に胎内のことを思い出してくれているのかなと想像するとなんだか幸せな気持ちになりました。


双子B子の胎内記憶

ママのお腹の中ってどんな感じだったの?

すごく大きい部屋で、苺みたいな色やった。隣でA子が丸まっててん。A子との間には壁があるけど、触ったりお喋りできるねん。A子をキックしてたで。

B子は常日頃からデタラメを言う子なので、どこまで信憑性があるか不明ですが、A子が丸まっていたというのは医学的にも正しそうだし、そんなデタラメはさすがに思いつかないだろうし、信憑性が高そう。

すごく大きい部屋というのも、B子が開口一番に真剣な眼差しでアツく語っていたので正しいのかもしれませんが、子宮の中に2人も詰め込まれてたのに、本当に大きいと感じたのだろうか、、、?
むしろ窮屈だったのでは、、?!
確かに単胎児と比べたら私の子宮はとてつもなく大きかったのだけれども。

壁とは、彼女の証言が正しいなら、きっと羊膜のことを指しているのでしょう。
MDツインと呼ばれる一絨毛膜二羊膜双胎(胎盤が1つ、羊膜でできた部屋が1人ずつ独立しているタイプ)でしたので、確かに壁は存在したはずです。

苺みたいな色というのも、医学的に正しそうだし、本当かもしれなません。
ちなみに長男にも2歳の頃に胎内記憶について聞いたことがあるのですが、長男は「袖の中みたいなところを通って、ピンク色のドアをヨイショって開けて出てきた」と言っていました。
やはりピンクとか苺とか、そんな感じの色なのですね。



面白かったのは、A子は胎内でのB子の存在について全く語らなかったけど、B子はA子のことがどうやら気になったいたようでチョッカイを出していたこと。

実は、生まれてからも2人はずっとそんな感じの関係性なんです。

双子って、いつもシンクロしてて同じポーズをしたり相手の気持ちが分かったりするってみんな言いますけど、うちの子は全くシンクロしないんです。
A子は個人主義というか、我関せずというか、隣でB子が大声で泣いていようが、気にせず自分のしたいことに没頭するタイプ。
B子はなんでもかんでもA子のマネをしたりチョッカイを出してA子にウザがられているタイプ。

全然シンクロしないので双子らしい写真も全然撮れず今までちょっぴり悲しかったのですが、今回やっと分かりました。
お腹の中にいた時から既にシンクロしていなかったのね。

ということは、シンクロする子達はお腹の中でもシンクロしたエピソードがあるのかな。


もっともっといろんな胎内記憶を聞きたかったけれど、しばらく聞いていると、「A子はママのお腹の中でバナナ食べてたで!」「B子はメロンとキウイ!」とデタラメ合戦が始まってしまったのでこれ以上聞けませんでした。
本当にチャンスは一度きりなのですね。

みなさんも、デタラメ合戦にならないように、まずは「別々に」聞き出してみてくださいね!